赤西仁、「礼儀がなってない」せいで芸能界から追放!? あのハリウッドスターにまでタメ口!
(04/26)

今夏全米デビューシングルが発売される赤西仁(あかにしじん=26)。
12月公開の映画『47RONIN』でハリウッドデビューすることも明らかになり、ワールドワイドな活躍が期待されている。
現在活動拠点をアメリカに移している赤西だが、『芸能界から抹殺される』可能性があるのだという。
『東京スポーツ』が報じている。

赤西は「自分勝手」な人間だと周りから評されることがある。
確かに、突然KAT-TUNでの活動を休止しアメリカへ語学留学、結果的にはKAT-TUNから脱退するというジャニーズに前例のない行動をとって周囲を驚かせたことがあった。
そんな赤西だが、最近の"礼儀を無視した話し方"に、ジャニーズ事務所幹部や先輩のジャニーズタレントなどから大ヒンシュクをかっているのだという。

「敬語が全く使えないんです。先輩に対しても、『アンタ』あるいは『ユー』。
ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏じゃないんだから、『ユー』はいただけませんよ。
電話で話したあるスタッフは、怒って電話を叩きつけたそうです」(事情通:東京スポーツ)

さすがに先輩に向かって『アンタ』は失礼な話し方である。
怒った同事務所の幹部に注意された時、赤西は「アメリカ生活が長くて日本語を忘れた」と小さな声でつぶやいたのだという。

また赤西は現在撮影中のハリウッド映画『47RONIN』の撮影現場でも失礼な言動を繰り返しているようだ。

同映画の主演であるキアヌ・リーブス(46)に対しても言葉遣いが悪く、
「日本の映画雑誌の記者が、赤西のあまりにも失礼な話し方に腰を抜かしたそうです。
たとえるなら、『ヤンキーが話しているようなしゃべり方』だったという。
キアヌは心が広い"いい人"だから、あまり怒っていませんが…、エージェントは激怒していますよ」(映画関係者:同)
と、まるで"タメ口"を利いているかのようだという。

しかし、キアヌへのタメ口は赤西だけが悪いわけではなさそうだ。
「赤西に付いている英語教師が悪かった。英語にもいろいろ話し方があるんです。
その教師の英語は、日本で言うなら、まさに下町に近い"ベランメェ口調"の英語。
矯正するのには、かなりの時間がかかりそうですよ」(事情通:同)

赤西はスラング寄りの英語を習得してしまったため、今後ハリウッドで活躍したいのならば要矯正といったところだろう。
しかし礼儀に問題があるのは英語だけではない。
日本語もきちんと直さなければ、日本に帰ってくることができなくなってしまうかもしれない。(今井)


関連ニュース
赤西仁と錦戸亮が10代女子とワチャワチャする動画アップしてファン幻滅!?
赤西仁、松本人志と遭遇して「最悪だった」とディス!?
元KAT-TUN・赤西仁の今! 大きな路線変更で海外進出成功!?
赤西仁のコンサート参加条件が「男性同伴必須」の怪現象! 迷走が止まらない!
滝沢秀明が赤西仁と絶縁!? デビュー前からの恩を仇で返した!?
注目ワード
【人物】
赤西仁
【キーワード】
赤西仁 47RONIN ハリウッド 全米デビュー KAT-TUN 赤西 映画 デビュー 事務所 タメ口 英語 事情通 KAT-TUN赤西仁 ジャニーズ赤西軍団
【ニュースカテゴリ】
ジャニーズ
出産 破局 離婚 エンタメ 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau