紀子さま無事男子ご出産に両陛下も喜びの声!!
(09/06)

 秋篠宮妃紀子さま(39)は9/6の午前8時27分、入院先の東京・南麻布の総合母子保健センター「愛育病院」で帝王切開手術を受け、男のお子さまを出産された。
 お子さまは体重2558g、身長48.8cmで、大変お健やかだという。なお、皇室に男子が誕生したのは父親の秋篠宮さま(40)以来41年ぶりで、皇位継承順位は皇太子さま(46)、秋篠宮さまに次いで第3位となる。これにより、皇太子さまや秋篠宮さまの次の世代の継承者を得て、皇室は喜びに包まれている。
 午前10時半から記者会見した宮内庁の金沢一郎・皇室医務主管と主治医の中林正雄・愛育病院院長によると、部分前置胎盤のため行われた帝王切開手術は大量出血もなく、術後の経過も順調という。お子さまは「おぎゃー」と産声を上げ、手術室でその後ずっと泣き声を出しており、保温のため一時保育器に入ったものの、至って元気な様子という。手術後、中林院長が紀子さまに「おめでとうございます」と声をかけると、紀子さまは「大変ありがとうございます。気分も良好です」と答えたそう。また、助産師が、誕生したお子さまを見せると、紀子さまは優しくなでられたとのこと。
 手術室の隣室で誕生の瞬間を待っていた秋篠宮さまは、金沢医務主管から男児誕生を聞くと、淡々とした様子で「ありがとうございます」と話したそう。手術前、紀子さまは秋篠宮さまに「行ってきます」と告げて出産に臨み、手術後、出迎えた秋篠宮さまが「ご苦労さまでした」と声をかけると、笑顔で「帰ってまいりました」と応じたという。
 また、お子さまの性別について、ご夫妻は「知りたくない」とし、「どんな状態の子でも、自然の形で受け止めたいので、知る必要がない」と語っていたことも明らかにされた。
 その後、宮内庁は、紀子さまの出産を受けた天皇、皇后両陛下のご感想を文書で発表。その全文が以下。
 「秋篠宮より、無事出産の報せを受け、母子ともに元気であることを知り、安堵しました。様々な心労を重ねた10か月であったと思いますが、秋篠宮夫妻が、その全てを静かに耐え、この日を迎えたことを喜び、心からのお祝いの気持ちを伝えたく思います。2人の内親王も、この困難な時期を、一生懸命両親に協力して過ごしてきましたので、今は、さぞ安心し、喜んでいることと思います。医療関係者を始め、出産に携わった人々の労をねぎらい、この度の秋篠宮家の慶事に心を寄せ、安産を祈願された内外の多くの人々に、深く感謝の意を表します」
 また、紀子さまの両親の川嶋辰彦さん、和代さん夫妻は宮内庁を通じ、「誠におめでとう存じます。『清流に臨みて詩を賦す』心に重なる感懐を覚えます。お健やかな御成長を謹んでお祈り申し上げます」との感想を文書で発表した。


関連ニュース
眞子さまジャニーズファン」発言で、TBS人気アナ降板
注目ワード
【キーワード】
画像 芸能ニュース 皇室 出産
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau