期待の「銭ゲバ」も12.0%止まり。1月期ドラマは絶滅か?
(01/26)

1月スタートの連続ドラマが悲惨な状態だ。今クールで初回視聴率で20%を超えたドラマはないばかりか、その後も10%を維持するのがやっと。そのあたりの事情を「日刊ゲンダイ」が報じている。

同紙は、中高年の期待を裏切った代表作として、ジョージ秋山原作の「銭ゲバ」(日本テレビ)をあげた。

それによると、主演は日テレお気に入りの松山ケンイチ(まつやまけんいち=23)。貧乏で虐げられて育った男が文字通りお金のために人殺しを繰り返す話だが、松山が演じる“銭ゲバ”はイジケてすさんでいるだけの殺人犯で暗すぎる。見ていてつらくなった視聴者も多かったと、その理由を分析。

確かに同ドラマの視聴率も12.0%と伸び悩んでいる。

「この漫画は連載されたのが学生運動が盛んな70年代でした。だからこそ、その逆の生き方をするアンモラルで卑劣な主人公が受け入れられたわけです。でも、今は金儲けが当たり前のカネカネの時代で、銭ゲバがそもそも説得力がない。一昔前のカビの生えた企画を今さらやっているという気がします」(放送評論家の松尾羊一氏)

さらに、坂口憲二(さかぐちけんじ=33)主演の「本日も晴れ。異状なし」(TBS)にいたっては、ストーリーも展開もわからないと手厳しい。

新宿の警官が南の離島に交番のお巡りさんとして赴任する物語で、明らかにフジでヒットした「Dr.コトー」の警官版である。

まず都会の警官が離島に行くその理由からして不明。しかも、人間関係がチンプンカンプンだ。初回12.4%で2回目以降は一気にダウンの予感がするという。

また、今クールも漫画が原作のイケメンものが登場している。水嶋ヒロ(みずしまひろ=24)の「メイちゃんの執事」(フジテレビ)。

全寮制のセレブな女学生の全員に執事がついていて、いがみ合う、言わずもがなのストーリーだが、漫画チック過ぎて奇妙奇天烈と一刀両断。

「中高生限定のドラマ作りで狙いはわかるが、今どきの中学生がこの程度の少女漫画仕立てのドラマを見てくれるかどうかは怪しい。同じ漫画が原作でも日テレのワインがテーマの『神の雫』なら情報モノとして楽しめるけど、これはダメ」(松尾氏=前出)

また、江口洋介、稲垣吾郎の刑事モノ「トライアングル」(フジ)は大仰であざとすぎるし、玉木宏、香里奈の「ラブシャッフル」(TBS)はバブルを引きずった「男女8人物語」で展開が透けて見えそうだ。

ほぼ全滅に近い今クールのドラマの中で、「大人の観賞に堪える」と同紙があげたのは、山田太一脚本の「ありふれた奇跡」(フジ)や瑛太主演の「ヴォイス」(フジ)。また、内容、視聴率とも評判なのは妻夫木聡の大河ドラマ「天地人」だ。

同紙は、「不況に喘ぐ民放はドラマの制作能力までダウンしてしまったのか」と嘆くことしきり。民放各局の奮起に期待したいところだが、さて…。(松野)


関連ニュース
松山ケンイチ、芸能人としてあるまじき大失言やっちゃった!?
松山ケンイチが激太り! 外見の面影無くなり心配の声続出!
「デスノート」「ど根性ガエル」実写化ドラマが視聴率急落! やはりドラマ化すべきでなかった!?
松山ケンイチ1億7千万御殿が完成! ムコ入り生活再開で小雪は仕事へ
松山ケンイチ奇行発覚!? 元フジテレビの人気アナウンサー怒り爆発!
注目ワード
【人物】
松山ケンイチ
【キーワード】
視聴率 銭ゲバ 松山ケンイチ 坂口憲二 本日も晴れ。異状なし 漫画 警官 民放 初回 理由 執事 ドラマ 学生 視聴 主演 マツケン
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau