タッキー&翼 デビュー10周年公演は「史上最悪」! 報道されない悲惨な状況
(09/15)

今月11日、CDデビュー10周年を迎えたジャニーズ事務所所属のデュオ「タッキー&翼」。
メモリアルイヤーに発売されるアルバム『TEN』のプロモーションのため多くのテレビや雑誌に露出し、その集大成として9日にはデビューコンサート以来10年ぶりとなる東京ドーム公演を行った。

翌日のスポーツ新聞は、「4万5000人のファンが熱狂」などと大々的に報道。
公演には山下智久(やましたともひさ=27)をはじめ、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2などジャニーズ事務所の後輩総勢約300人が大挙出演し、2人の晴れ舞台を彩ったという。

しかし、熱心のファンの間では、
「史上最悪のコンサートだった」
との声もちらほら。
実は報道されている内容と、実際の公演の様子は大きく異なっているという。
『探偵ファイル』が報じている。

「まず会場に入って驚きました。アリーナ席がない!アリーナには何故か風船」(ファン歴11年の女性:探偵ファイル)

アリーナ席とは、中央のフィールドに臨時で増席された席を指す。
一般的にスタンド席よりもステージとの距離が近く良席と言われるが、この日はアリーナが不自然に風船で埋め尽くされていたという。

ある音楽業界関係者は、
「一応は初日に4万5千人集めたと公表してるようですが、まぁ…。チケットが思うように売れてないって聞きましたけどね」(音楽業界関係者:同)
と実際は4万5000人の集客がなかったことを示唆。
つづけて、
「記念公演ってことで豪華な顔ぶれになってますが、そうしなければ客席も埋まらないのが現実。
東京ドームは最初から赤字覚悟でやったと思いますよ」(同)
となんとも寂しい裏事情を明かしている。

ただ、ファンは集客面だけを問題にしているのではない。
実際に公演に参加したファンによると、肝心のパフォーマンスもミスが目立ち、ゲストが歌いすぎといった不満も。
これら全ての要素が合わさり、「史上最悪のコンサート」という評価になってしまったようだ。

公演終了後、滝沢秀明(たきざわひであき=30)は、
「幸せな時間だった。改めていいスタートが切れる」
と晴れ晴れとした表情で11年目を見据えた。
今後さらなる飛躍を目指すのであれば、ファンの言葉に耳を傾け、ステージの質を向上させることが急務となりそうだ。(伊原)


関連ニュース
滝沢秀明の好感度が爆上げ!? バラエティーで見せた根性に称賛の声!
今井翼、ジャニーズ退社報道流れるも、「考えられない」と真っ向否定!
今井翼、タッキーとの扱いの差にストレス爆発! 私生活で愚痴連発&激太り!
滝沢秀明が「ジャニーズに感謝できない人はアホ」とSMAP独立組を批判!?
武井咲×滝沢秀明ドラマ、視聴率ジリ貧&武井咲の演技にティファニーファンから抗議!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
タッキー&翼 | 滝沢秀明 | 今井翼
【キーワード】
タッキー&翼 滝沢秀明 今井翼 東京ドーム ジャニーズ ジャニー デビュー 事務所 音楽 業界 関係者 探偵 東京 報道 関係 タキツバ
【ニュースカテゴリ】
ジャニーズ
出産 破局 離婚 エンタメ 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau