市原隼人、連ドラ主演決定! 斎藤工林遣都らとドストエフスキーの名作に挑む!
(11/27)

俳優・市原隼人(いちはらはやと=25)が、来年1月スタートのドラマ『カラマーゾフの兄弟』(フジテレビ系)に主演することが26日、分かった。

同作は19世紀のロシア文学を代表する作家・ドストエフスキーの同名長編小説を、現代日本に置き換えてドラマ化される。
『カラマーゾフの兄弟』は、ドストエフスキーの最高傑作『罪と罰』に匹敵する小説として有名だ。
2006年に出版された新訳本が純文学としては異例の100万部を突破。
『東大教師が新入生にすすめる本』でも"東京大学教授が新入生に読ませたい小説No.1"に輝き、最近になって再注目されていた。
地上波での連続ドラマ化は初めてとなる。

市原は今回の主演について、
「小説の代名詞ともいえるドストエフスキーの作品に携われることを感謝しています。
道理や常識の枠にはまりきらない世界観を楽しんでほしい」
とコメントしている。

物語は父親殺しの容疑をかけられた黒澤家3兄弟を中心に3部構成だという。
第1部は幼少期まで遡りつつ、3兄弟それぞれが父親殺しに至るまでの様子を切り取る。
第2部では事件当日の様子、第3部では取り調べから判決までの真相解明を描写。
自らの運命に抗うか、あるいは翻弄されるか、行き着く場所は平穏か、崩壊か…。
審判が下る日に彼らは、新たな未来に向かって歩き出す…というストーリーだ。

市原は3兄弟の次男である主人公・黒澤勲を演じる。
2008年に放送されたドラマ『ROOKIES』(TBS系)などで熱血漢の演技が印象的な市原だが、今回は意外にもクールで理屈っぽい弁護士役という新境地に挑戦する。
黒澤家の長男で、女遊びにふけっている黒澤満役には、斎藤工(さいとうたくみ=31)が抜擢された。
そして精神的潔癖症で理想主義者という三男・黒澤涼役には林遣都(はやしけんと=21)を配役。

発表された主要キャストだけでも実力派の若手俳優がズラリ。
ヒットに向けて制作陣の気合の入り具合が窺えるというものだ。
番組プロデューサーは主演である市原について、
「市原さんのそのお芝居に対する真摯な取り組み、一つ一つ言葉を選んで慎重にお話される普段の姿に、無骨ながらも繊細なこの役とも通じる部分があると感じました。
今回は一見クールでニヒルな役どころとなりますが、その胸に潜むマグマのような熱を一つ一つの繊細な表情で表現していただけると確信しております」
と絶賛し、ドラマのヒットにも自信を見せた。

ドラマ『カラマーゾフの兄弟』は2013年1月12日土曜夜11:15から放送開始。(石森)


関連ニュース
市原隼人が役者を続けている理由を告白! 「元々カメラに映るの嫌い」
市原隼人は4度も交通事故を起こしていた! 死傷者出しても芸能活動は継続!
「おっさんずラブ2」に批判殺到! ファンの意見を無視した内容とは!?
松田聖子が斎藤工にロックオンで急接近! 週刊誌に2ショット写真まで撮らせ・・・
「抱かれたい男ランキング」2017発表! 総合1位はあのイケメン!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
市原隼人 | 斎藤工 | 林遣都
【キーワード】
市原隼人 斎藤工 林遣都 ドストエフスキー カラマーゾフの兄弟 俳優 主演 放送 小説 スト カラ
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau