ゴールデンボンバーケチ集まり! ケータリングや弁当代もいちいち確認
(01/26)

NHKの紅白歌合戦初出場を果たして一躍時の人となった、ビジュアル系エアーロックバンド・ゴールデンボンバー。
数々のテレビ番組や雑誌で特集を組まれるなど、一躍スターダムにのし上がった彼らだが、金銭感覚に変化はあったのだろうか。
『クイック・ジャパン』が報じている。

ボーカルでリーダーの鬼龍院翔(きりゅういんしょう=28)は、
「バンドを始めた頃はお金がないから経費をかけられなかったんですけど、今はお金があるのにケチなんですよ。
なぜならメンバーも事務所もケチの集まりなので。
だから、こういう控え室に用意されているお茶も、『誰が払ってるの?』と」(引用:クイック・ジャパン)
と、経費についての感覚を語っている。

紅白歌合戦に出演してブレイクを果たし金遣いも荒くなるものかと思いきや、メンバーも事務所も、無駄なお金に敏感なのだという。
大げさではなく普段の会話でも経費について話が出るようで、ケータリングや弁当代もいちいち確認するというケチぶりのようだ。

ベースの歌広場淳(うたひろばじゅん=27)は、業界関係者に仙台の高級牛たん屋に連れて行ってもらったエピソードを思い出し、
「僕らは既存の価値観とは逸脱したシンプルなところにいるんです。
アーティストを高い店に連れて行くことが音楽業界の常識だったかもしれないけど、僕らはそれを喜ばないんです。
ジェネレーションが違う気がする。
上の世代の人たちはそういう価値観から抜け出せていないんです」(同)
と、高級店で感じた違和感を語り、
「『女々しくて』がすぐに売れた、一発屋的な感じでテレビに出ていると受け取られがちなんですけど、下積みの時代がすごく長かったので、自然とケチンボになりました」(同)
と、金銭感覚が変わっていない理由を述べている。

さらに、給料は明朗会計、無駄なことに金を使いたくない、など口々に語るメンバー。
ゴールデンボンバー内には今も下積み時代から変わらないルールがあるようだ。

ビジュアルやエアーパフォーマンスなど、ど派手なイメージが先行しがちなゴールデンボンバー。
しかし、ブレイク後も変わらないという彼らの庶民的な人柄も、ファンを惹きつける金爆の魅力のひとつだろう。(古川)


関連ニュース
ゴールデンボンバーの不仲はガチだった! 「脱退する気持ちある」
AKB48・峯岸みなみ、金爆・喜矢武豊熱愛!? 画像流出で親密過ぎる関係発覚!
金爆・歌広場淳のプロデュース店に警察介入! 大混乱で営業中止する騒動に!
金爆・鬼龍院翔印税すごいことになってます!」 大ブレイクで収入激増!
金爆・鬼龍院翔が活動休止でストレス!? 「ライブが無いと不安になる
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
ゴールデンボンバー
【キーワード】
金爆 ゴールデンボンバー ケチ 金銭感覚 鬼龍院翔
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau