チャゲアス・ASKA、重度の麻薬中毒!? 反社会組織&警察から徹底マークを受ける!?
(07/25)

テレビ画面で華やかな活躍をみせる芸能人。
その反動なのか、裏では世間に顔向け出来ない悪行を重ねているものも少なくない。
最近ではおしどり夫婦で評判だった矢口真里(やぐちまり=30)が不倫の末に別居が発覚、離婚するという事態になってしまったこともある。

そんな中、矢口以上にヤバイことをして警察の捜査も始まっている大物芸能人がいるのだという。
『東京スポーツ』が報じている。

「すでに捜査当局にはXの薬物情報が複数寄せられている。
最初に入ってきたのは、今から10年ほど前になるのではないか。
そのときはまだ中毒といえるほど深刻ではなかったが、最近のXは本当にヤバイ…現在、当局は慎重に内偵を進めている状況。
証拠が固まり次第、逮捕に動く方針です」(捜査関係者:東京スポーツ)

Xの名前は明かされなかったものの、人物像に関して同誌は、
「超人気ユニットでミリオンヒットを連発」
「作詞・作曲を行いソロでの活動も多い」
「活動期間が長く幅広い世代でファンが居る」
「ユニット内で確執があった」
としている。
これに当てはまる人物といえば、CHAGE and ASKAのASKA(あすか=55)だろうか。

同グループは8月28日にライブを予定していたが、6月になってASKAが一過性脳虚血症のため延期すると発表、ファンを悲しませていた。
これにも薬物の影響が絡んでいるのだろうか。
さらに、Xは反社会組織にも目を付けられているのだという。

「その組織が握ったのは、実際にXが薬物を使用している映像だよ。
盗撮かどうかはわからないが、Xが部屋でクスリを吸引しているシーンを収めているそうだ。
これが闇社会に流出しているんですよ。
そしてXは脅されているという話だよ」(事情通:同)

薬物で逮捕された芸能人は、押尾学(おしおまなぶ=35)、清水健太郎(しみずけんたろう=60)、田代まさし(たしろまさし=56)など枚挙に暇がない。
今も歌手として活躍する井上陽水(いのうえようすい=64)や槇原敬之(まきはらのりゆき=44)も大麻所持などで逮捕歴がある。
Xもこれらのアーティストに続いてしまうのか。
今後の動向に注目していきたい。(石森)


関連ニュース
ASKAがCHAGEを公然と批判! 「近くにいる笑顔のスパイ」「連絡取れない」
ASKAの逮捕前プライベート映像がメディアに流出! タクシー会社に物議!
ASKAの妻・八島洋子、夫のDVに耐え切れず警察に通報! 「もうクスリはやめて」
ASKAと飯島愛がシャブセックス!? ハメ撮りテープ流出に怯えて薬物乱用!?
ASKAの長男、覚せい剤使用をモジッたチャゲアスの替え歌作って熱唱していた!
注目ワード
【人物】
ASKA
【キーワード】
チャゲアス ASKA 麻薬 警察 逮捕 芸能 矢口 芸能人 薬物 捜査 組織 東京
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau