土屋アンナ、舞台サボって中止に追い込み訴訟沙汰! 不良娘の仁義に賞賛の嵐!
(07/30)

タレント・土屋アンナ(つちやあんな=29)の初主演舞台『誓い〜奇跡のシンガー〜』が公演中止となったことが分かった。

同公演は8月6日から上演予定だったが、29日になって公式ホームページに、
「主役の土屋アンナ氏が公的にも私的にも何らの正当な理由なく無断で舞台稽古に参加せず(参加予定の稽古(本番直前の通し稽古を除く)8回中最初の2回のみ参加し、その後すべて不参加)、専らそのことが原因で同公演を開催することができなくなりました」
というコメントを掲載。
舞台の中止を発表するとともに、土屋に対しては、
「社会人としての責任をお取りいただくべく、損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講じる所存です」
と強硬な態度に出ている。

ここまでは、制作側である株式会社タクト代表取締役・甲斐智陽こと高橋茂の発表。
土屋は「不良」のイメージが強いため、"エリカ様"のようにワガママを言って好き勝手に気分で欠席したと思った演劇ファンもいたようだ。

しかし、同舞台の原作者である濱田朝美(はまだあさみ=31)が、舞台の裏側を明かして土屋を全面的に擁護した。
濱田は原因不明の病気により、言語障害、両上下肢機能障害を抱えながら路上ライブを続ける歌手としても活動している。
舞台の原作『日本一下手な歌手』は、彼女の半生を振り返った作品だ。

濱田は29日にブログを更新し、土屋が自分勝手に舞台練習を休み、その影響で公演ができなくなったという発表を「全くの事実無根」と否定。
トラブルのキッカケは、甲斐智陽側が原作者である濱田の許可なく舞台の準備を進めていたことだと明かした。

彼女によると、記者会見の1週間前になっても知らせが届くことはなく、仕方なく自分から連絡をしたのだという。
すると、甲斐智陽側は許可を取ったではないかと主張。
濱田が初めて会った際に、
「今後何かありましたらよろしくお願いします」
と挨拶したことが舞台の許可にあたる、と強硬な態度に出たそう。
さらに、彼女が「許可にならない」と反論すると、
「そんなに許可と言うのなら、別に貴女でなくとも、障がい者はたくさん世の中にいる。
違う人に頼んでも良いんだよ!」
と頭ごなしにブチ切れされたのだとか。

結果的に、台本を見てから許可を出すということで落ち着いたものの、1ヶ月経っても濱田の元には届かず。
なし崩し的に「舞台の成功をみんなで祝うパーティー」に参加したところ、土屋と出会ったという。
そこで土屋は、
「舞台の台本を見ましたか?
貴女は本当にこの内容で許可を出したの?」
と濱田に質問。
事の顛末を聞いた土屋は、
「濱田さんが納得出来るものにしてください」
「原作者が納得し、許可した舞台でないのなら、出演出来ません」
と甲斐智陽に直訴した。

不良娘のワガママかと思いきや、仕事に筋を通していた土屋。
舞台裏を知った人々からは、
「土屋アンナ△」
「アンナ姉さんはちゃんとしてたわ」
「アンナが主演じゃなかったらゴリ押しで上演されてたんだろな」
など称賛の声が上がっている。(石森)


関連ニュース
土屋アンナが母親失格発言! 子供の学校関係書類や手紙を一切読まずに捨てる!
芸能界で「犬猿の仲」のタレントは!? 共演NGな関係が明らかに…
甲斐智陽土屋アンナに賠償請求3千万円! 全て周りの責任にする制作側と法廷闘争!
女性芸能人入れ墨リスト! 土屋アンナ宮沢りえ酒井法子
土屋アンナ舞台降板に脚本家が怒りの反論! 上から目線で批判し責任転嫁ばかり!
注目ワード
【人物】
土屋アンナ
【キーワード】
土屋アンナ 訴訟 舞台 不良娘 仁義 原因 不良 彼女 障害 稽古 中止 発表 態度 アンナ 歌手
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau