鈴木亜美、DJ仕事での傍若無人な言動にクラブ業界から大バッシング!
(12/21)

1998年『love the island』でデビューを果たし、翌年発売したアルバム『SA』はミリオンヒットを達成した歌手・鈴木亜美。しかし、人気絶頂期に所属事務所の脱税事件が発覚。事実上の活動休止に追い込まれ、2005年現在のエイベックスに移籍するもかつての人気を取り戻すことは出来なかった。近年は歌手活動よりもクラブでのDJに力を入れている。ところがそのDJ業で、クラブ関係者から批判が相次いでいるという。『女性自身』が報じた。

「鈴木亜美さんサイドから、イベントの事前に『ドンペリを5本、用意しておいて』と要求されたんです。さすがにカチンときましたね」(あるクラブイベント関係者:女性自身)
「別のイベントでは『(高級魚の)ノドグロを用意しておいて』と彼女サイドから言われました。仕方なく用意しましたが、行く先々でのおいしいものをリサーチしているんですかね・・・・・・」(別のイベント関係者:同)

彼女のように名の知れた芸能人がDJする場合、一番盛り上がる時間帯、大体深夜2時〜4時までの間で30分〜1時間程プレイするケースが多い。主催者側も、DJとしての実力より知名度を買ってオファーする。ある程度の接待は許容範囲としても、超高級シャンパンのドンペリを5本用意させたら数万円は下らない。勿論高額なギャラも支払われている。それでいて、終始偉そうな態度を取り続けるのだ。

「店に到着するやVIPルームに直行し、ドカッと座ってシャンパンを飲むんです。出番になると、酔っぱらった状態でDJをこなし、終わると5分で帰りましたよ。ファンにもサインや写真を求められていましたが、スタッフとの記念撮影すら事前にNGといわれ、いったい何様かと思いました」(クラブのスタッフ:同)

鈴木亜美のように、DJが"本業"となりつつある芸能人は少なくない。元々DJを本職とする人々も全国に多数存在し、ハッキリ言って代わりはいくらでもいる。
歌手として落ち目なのだから今ある仕事を真摯に頑張ろうという気持ちが芽生えないのが不思議である。(船越)


関連ニュース
鈴木亜美、結婚相手にナンパされ即OK出した! 「尻軽女だな」と芸能人から批判!
高岡奏輔が鈴木亜美とスタジアムデート! でも結婚には踏み切れない!?
うつ状態だった高岡蒼佑、女神・鈴木亜美との出会いで救われた!?
鈴木亜美高岡蒼佑の熱愛に元カレが激怒! 実はいわくつきの人物だった!
高岡蒼佑 既に鈴木亜美との結婚を意識! 「来年あたり結婚しよ」とツイート
注目ワード
【人物】
鈴木亜美
【キーワード】
鈴木亜美 DJ 性格 悪い 嫌い
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau