「半分、青い」でドリカムの曲古いとディス発言!? 中村正人は静かに反論!
(07/19)

NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い』で、DREAMS COME TRUEの楽曲を"イジる"場面があった。

7月13日放送の第89話で、永野芽郁演じるヒロインが、勤め先の店長・嶋田久作と一緒に『決戦は金曜日』を口ずさんだ。これは、ヒロインがアルバイト勤務の男性の自宅に、結婚を狙って泊まりに行く展開から、その日が金曜日だったので同曲を歌うという流れであった。
ところが、永野芽郁演じるヒロインは、『決戦は金曜日』を歌った後、「古い!」と一蹴。店長のオッサンぶりを嘲笑う意味合いだと思われる。

このやり取りを、DREAMS COME TRUEのベーシストである中村正人も耳にしたらしく、自身のブログで次のように綴った。
「13日の金曜日が縁起の悪い日だという根拠はないって聞いたよ。まあ俺的には『決戦は金曜日』っていう曲が金曜日ごとにかけてもらえるので金曜日はありがたい。そんな『決戦は金曜日』が『半分、青い。』で『古い』と言われたらしく、『そうだよなぁ。1992年のリリースだし』なんて思いながら『ドリクエ』DVDあらためて観たんだけど そんなに古く感じなかったよ。ヤングな諸君にもこのLIVE是非観てもらいたいよねぇ」(一部抜粋)

いくら25年以上前の楽曲でも、"古い"の一言で片付けられると、当のアーティストとしては複雑な心境だろう。前述の通り、ヒロインは、だいぶ昔の曲を口ずさんだ店長をイジったわけだが、ドリカムファンも「古い」という表現にはいささか疑問を覚えたようだ。
NHKから軽いジャブを浴びたことで、DREAMS COME TRUEが今後さらにカッコよく、古いだなんて言わせない楽曲をリリースしてくれることに期待しよう。(船越)


関連ニュース
ドリカムが超黒歴史の西川隆宏について言及! 2人は彼をどう思っている!?
第63回NHK紅白歌合戦歌唱曲を一挙発表! "大トリ"はいきものがかりに決定か!?
ドリカム・吉田美和電撃結婚! お相手は19歳年下のミュージシャン・鎌田樹音!
ドリカム、8.20被災地ライブYouTube生配信!!
NHK紅白歌合戦瞬間視聴率最高はドリカムの50.1%
注目ワード
【人物】
DREAMS COME TRUE
【キーワード】
DREAMS COME TRUE ドリカム 中村正人 半分、青い ディス 半分 金曜日 曜日 決戦 楽曲 ドリカム中村
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau