佐藤浩市が大失言! 安倍首相を揶揄する発言で映画界から干される恐れも!
(05/19)

俳優の佐藤浩市が出演する映画『空母いぶき』をめぐって、各方面から批判の声が相次いでいる。彼が雑誌インタビューで語った内容が物議を醸しているのだ。

佐藤浩市は、映画での役柄について、「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と、自らの役柄に意欲的ではなかったという。
彼が演じるのは、総理大臣・垂水慶一郎役。一国を取り仕切るトップの設定だが、昭和時代を生きてきたベテラン役者には、どこか受け入れ難い部分がある模様。

それだけでなく、「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます」とも。
この発言が、潰瘍性大腸炎の持病を持つ安倍晋三首相や、多くの病人を揶揄しているという意見が噴出。作家の百田尚樹は、「三流役者が、偉そうに!! 何が"ぼくらの世代では"だ。人殺しの役も変態の役も見事に演じるのが役者だろうが! もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」とツイート。自身の作品の実写化では絶対起用しない意向を示した。

また、幻冬舎の代表取締役社長・見城徹も、「人の難病をこんな風に言うなんて。観たいと思っていた映画だけど、僕も観るのはやめました」「自分の発言がどれだけ共演者やスタッフに迷惑をかけているか、よく考えて欲しい」と、佐藤浩市の不適切発言を強く非難している。

自分は大物役者だから、何を言っても許されるとでも思っているのだろうか。彼の失言で、同作品の興行収入にどれほど影響を及ぼすのか。当然、観客動員数が伸び悩んだら、責任は佐藤浩市が背負わざるを得ない。(船越)


関連ニュース
堤真一が共演NGの俳優を告白! 「一緒に演技は出来ない」
佐藤浩市、松本潤の話がウザいと厳しく指摘! 熱弁が長すぎる!
三谷幸喜 新作『清須会議』の超豪華出演者発表! 「目標は最低でも米アカデミー賞
篠原涼子、初の濡れ場は「ホテルで練習」! 共演者も「非常にエロい」と太鼓判!
JRAに追い風が吹いている!? CLUB KEIBAが大盛り上がり中!
注目ワード
【人物】
佐藤浩市
【キーワード】
佐藤浩市 安倍晋三 首相 批判 映画
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau