ジャニーズJr.が22歳で定年! 新制度導入で将来性乏しい人物を続々リストラ!?
(01/18)

ジャニーズ事務所が、デビュー前の下積み制度について、22歳で"定年"とする規約を新たに設けることを決定した。

同事務所の発表によると、「昨今においては、このような恵まれた環境であるがゆえに、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」と、現在の状況では30歳を超えても下積みを継続する者もおり、もっと早いタイミングで将来への判断をすべきとの結論に至った模様。

「ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、このたび、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました。満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします」と、22歳までに芽が出ない人物を事実上リストラするという厳しいルールを導入する。

最近のデビュー組を見ても、平均年齢24.7歳のSnow Manと23.8歳のSixTONESなど、22歳を超えてメジャーデビューの座を掴むメンバーが多い。必ずしも22歳で見切りをつけるわけではないが、原則として、将来デビューする見通しが立たないと、事務所に残れないということ。

かつては、11歳でSMAPとしてデビューした香取慎吾や、入所半年でメジャーデビューしたV6・岡田准一など、早期に才能を開花させるメンバーが多かった。
アイドルとして、多くのファンが応援したくなる存在を見極め、ジャニーズ帝国復権を目指し、改革が進められている。(船越)


関連ニュース
手越祐也、「仕事がどんどん無くなる」とジャニーズ事務所からの圧力を赤裸々告白!
Kis-My-Ft2・横尾渉はジャニーズを辞めたい!? 「色々考えた」と正直に告白!
ジャニーズが所属タレントに一斉薬物検査! 莫大な違約金避けるため!?
滝沢秀明副社長の功績をジャニーズタレントが認める理由!
高杉真宙、事務所退社の理由は、ジャニーズと共演したくないから?
注目ワード
【キーワード】
ジャニーズ事務所 ジャニーズJr 定年 22歳 クビ 決定 進路 活動 ジャニーズ ジャニー ジャニーズJr. 年齢 事務所 継続 将来
【ニュースカテゴリ】
エンタメ ジャニーズ
出産 破局 離婚 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau