芥川賞作家・川上未映子銀幕デビュー。仲里依紗とのWヒロインで太宰作品に挑む!
(12/07)

「乳と卵」で芥川賞を受賞した作家・川上未映子(かわかみみえこ=32)と、女優・仲里依紗(なかりいさ=19)が、太宰治の小説を映画化した「パンドラの匣(はこ)」(冨永昌敬監督、09年秋公開予定)でダブルヒロインを務めることになった。「スポーツ報知」が報じている。

それによると、同作は結核を患う少年・ひばりが、入所した療養所「健康道場」で出会った2人の看護婦(看護師)の恋心と、結核患者たちとの日々を通じて見つける希望を、ひばりが一足先に療養所を去った友人・つくしにあてた書簡という形で描くもの。太宰作品のなかでもユーモアと希望に満ちた物語としてファンも多い作品だ。

同作を映像化するのは、「パビリオン山椒魚」を手掛けた冨永監督。太宰作品の大ファンなだけにキャストにもこだわった。

看護婦長・竹さん役として「太宰が示すイメージに合う方」と川上を提案。無理を承知で交渉したところ、川上も太宰作品の映画化に興味を持っていたこともあり、初挑戦が実現。

気まぐれな新人看護婦・マア坊役は「躍動感あふれるキャラクター。彼女のブログを見て『マア坊』がいると確信した」と仲をキャスティング。

主人公のひばり役は、映画「たんぽぽ」などに主演した染谷将太(そめたにしょうた=16)を抜擢し、物語のかぎを握る友人・つくし役は窪塚洋介(くぼづかようすけ=29)が務める。個性派キャストが顔をそろえる中、原作に翻案を加えて新しい世界観を加えた作品となる。

作家業以外にも、シンガー・ソングライターの顔を持つ川上は今作で女優デビュー。「太宰作品の中でも『パンドラ−』であったことと、小説作成にはない視点を体験できると思ったのと、監督にお会いしてビン!ときたので、お受けしました」と語る。

初めての文芸作品出演となる仲は「台本を読んだときに、独特なセリフ回しにすごく不安でした」と言うが「役柄はすごくかわいくて、自分なりにアレンジし、楽しくお芝居ができているので出来上がりが楽しみです」と自信を持ってコメントしている。

来年は太宰治の生誕100年。その記念すべき年に、芥川賞作家の川上と人気上昇中の仲とのコンビが、名作をどう映像化するか楽しみだ。(松野)


関連ニュース
仲里依紗がYoutubeを休止! 編集の徹夜作業が限界!?
仲里依紗のYoutubeがぶっ飛んでる!? 女優のイメージが崩壊!
浅野忠信仲里依紗未練タラタラ!? 結婚検討中に中尾明慶略奪された!?
秋定麻紀子&中尾明慶、別れてからも色々あった! 「何もかも事実」と略奪認める!?
仲里依紗&中尾明慶合言葉はBIG LOVE」と発表! 「何言ってんだこいつ」の声!
注目ワード
【人物】
仲里依紗 | 染谷将太
【キーワード】
川上未映子 仲里依紗 太宰治 パンドラの匣 染谷将太 映画化 結核 パン 女優 映像 映画 作家 小説 芥川賞 監督
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau