月9イノセント・ラヴ」が視聴率不振でグダグダ最終回に?
(12/29)

12月22日に最終回を迎えたフジテレビの月9ドラマ「イノセント・ラヴ」

堀北真希(ほりきたまき=)と「ゆず」北川悠仁の主演ということで、放送前はそれなりに話題になったものの、視聴率には苦しんだ。

初回の16.9%を最高に右肩下がりを続け、4話と5話では同作最低となる11.9%を記録。

その後は上がったり下がったりを繰り返し、最終話で15.1%とやや持ち直した結果、シリーズの平均視聴率はなんとか13.5%を記録することができた。

しかし、今期のドラマのランキングでは、トップ3の「相棒(17.6%)」「流星の絆(16.3%)」「風のガーデン(15.7%)」に水をあけられ、なんとも“月9”らしくない結果になってしまった。

しかも、ドラマの“合格点”といわれる15%を割り込んだばかりか、「渡る世間は鬼ばかり(14.3%)」にも届かず5位となってしまったのだから、かなりキビシイ。

ともあれ、物語は佳音(堀北真希)と殉也(北川悠仁)の結婚式の最中、落下してきた聖花(内田有紀)の下敷きになり、殉也が記憶喪失になったが、佳音のことを思い出すハッピーエンドになった。

ところがこのストーリー、大幅に脚本が変更されていたようだ。

「ザテレビジョン」のWebサイトが掲載していた「あらすじ」を見てみよう(以下引用)

佳音(堀北真希)は殉也(北川悠仁)との愛が深まり、幸せな日々を過ごす。

しかし、殉也を諦めきれない昴(成宮寛貴)と聖花(内田有紀)は、佳音たちを引き離そうと画策。

さらに、殉也をある症状が襲い、殉也の佳音に対する態度が変化する。

また、真実に気付いた佳音は、耀司(福士誠治)から事件の真相を告げられ、動揺する。
(引用以上)

佳音が兄から告げられる予定だった事件の真相とは一体? ストーリーがとり散らかったままに見えるほど、バタバタだったのだろうか。

もっとも「イノセント──」は、視聴率不振が原因なのか、月9としては異例の“放送時間延長ナシ”の最終回を迎えている。物語の伏線を収拾するだけの時間が無かった?

他にも、佳音の受けた性的虐待のトラウマの問題や、聖花が結婚式の最中に飛び降りた理由など、物語には「?」ばかりが残った。

各方面に“黒歴史”が残ったか、さて?(淺川)
ゆず,北川ゆうじん,ゆず北川


関連ニュース
堀北真希が女優復帰へ動き出す!? 山本耕史との夫婦仲も微妙!?
堀北真希、電撃復帰のXデーはいつ!? 夫の仕事減で共働きを決意!?
桐谷美玲が第二の堀北真希になる!? 三浦翔平と熱愛発覚で電撃婚の可能性も!?
堀北真希がオバサン化! プライベート写真はかつてのオーラ無し!?
山本耕史、堀北真希に自宅で怒られた事を告白! 「黙ってて、うるさいって言われる」
注目ワード
【人物】
堀北真希 | 北川悠仁
【キーワード】
イノセント・ラヴ フジテレビ 月9 堀北真希 ゆず 事件 堀北真 放送 結果 視聴率 テレビ 真希 北川 内田有紀 結婚式 北川ゆうじん ゆず北川
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau