テレビ界リストラがさらに加速で大物タレント続々降板へ!
(02/10)

不景気にあえぐテレビ局の、容赦のないリストラ、制作費カットがとまらない。

すでにみのもんた(64)、福留功男、徳光和夫といった高額ギャラの司会者の降板や打ち切りが続々と決定。

また、大物タレントもリストラの波からは逃れられないようだ。

「週刊女性」によると、伊東四朗が今春限りで「脳内エステ IQサプリ」(フジテレビ)を降板。

上沼恵美子が司会を務め、過激な芸能ネタ──当サイトのいうところの“関西ネタ"の連発で知られる名物ローカル番組「週刊えみぃSHOW」(読売テレビ)も打ち切りが決まったという。

この二人、いずれも1本200万円前後の高額ギャラだという。

降板のウワサが流れ、続投を危ぶむ声もあったという「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)の石坂浩二は、なんとかレギュラーを維持したようだが、つまりこのリストラ禍、石坂クラスでも安心できないということのようだ。

「誰も知らない泣ける歌」(日本テレビ)などの司会を務める西田敏行は視聴率が低迷中。

「ザ・ベストハウス123」(フジ)などにレギュラー出演している中尾彬だって高額ギャラだけにその立場は不安定だ。

「世界一受けたい授業」(日テレ)や「チューボーですよ!」(TBS)の堺正章だって安心できない?

4月からのテレビ番組、どうやらガラリとメンバーが入れ替わりそうだ。(淺川)


関連ニュース
石坂浩二が元祖ゲス野郎!? 評判の悪さを上沼恵美子が暴露!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
伊東四朗 | 石坂浩二
【キーワード】
日刊ゲンダイ 上沼恵美子 みのもんた 福留功男 徳光和夫 スト テレビ 司会 降板 リストラ
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau