河本準一 不正受給はの勧め!? 嫁姑問題で板ばさみ状態だった!
(06/05)

実母の生活保護費不正受給騒動が未だ揺れている次長課長・河本準一(こうもとじゅんいち=37)。
一部では、姉、二人の叔母、義母らも同様に生活保護費を受給していたことが報じられ、世間から激しい非難を浴びている。

主に問題となっているのは、河本に十分すぎる収入があるにも関わらず、母親に経済的援助をしなかったこと。
河本家の親子関係は極めて良好。母親は河本の援助があれば当然、生活には困らなかったはずだ。

では、なぜ河本は頑なに援助を拒んだのか。
そこには2003年に河本と結婚した元大阪パフォーマンスドールの重元直美(しげもとなおみ=36)と河本の母親との間の"嫁姑問題"が深く関わっていたという。
『女性自身』が報じている。

「河本さんの奥さんは、夫がまだ芸人として芽が出ないころ、経済的に彼をずっと支えてきました。そんな奥さんに、いまも河本さんは頭が上がりません。
母への仕送りを増やしたくても、妻に『なんでうちで稼いだお金なのに、お義母さんに送らなきゃいけないの!』と噛みつかれたことがあったそうです。
それ以降、嫁の顔色を気にして母親への送金増額はあきらめたそうです」(河本の知人:週刊女性)

重元は結婚当初、東京に進出したばかりで知名度もゼロに近かった河本を支えるため、銀座のクラブで月40万円程度の収入を得ていた。
一方、その頃の河本の月収はせいぜい1〜2万円で、おそらくバイト代を含めても10万にも満たなかっただろう。
今の河本があるのは重元の献身のお陰、と言っても過言ではないのだ。

「奥さんは、河本さんの個人事務所を‘06年に設立し社長に就任しています。
河本さんのギャラはそのほとんどが、この個人事務所に振り込まれているそうですね」(別の知人:同)

個人事務所の設立目的として重元は、芸能関連以外に「ペット専用ホテルの経営」「ペットの繁殖及び販売」といった事業を挙げている。

「奥さんは『ペットサロンが軌道に乗れば、夫に芸人としての仕事がなくなっても、お金の心配をしなくてすむわ』と、周囲に漏らしていたそうです」(芸能関係者:同)

不正受給騒動、元凶は妻だったのだろうか。(高橋)


関連ニュース
吉本芸人がテレビから消える!? 相次ぐ不祥事で「吉本離れ」進む
河本準一 キャスティング候補から外される! 値段のつかないタレントへ…
河本準一 生活保護費850万円を返還! 貯金ギリギリで大ピンチ!?
河本準一 人気番組降板でもう後がない!? 相方・井上聡まで干され始めた・・・
河本準一 仕事激減も一生安泰!? 生活保護はありえない!
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
河本準一
【キーワード】
次長課長 河本準一 生活保護 大阪パフォーマンスドール 重元直美 収入 芸人 騒動 母親 問題 事務所 援助 不正 個人事務所 経済
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau