生田斗真 壮絶な役作りで引きこもりに! 27時間撮影では「死ぬかと思った
(09/14)

ジャニーズ事務所所属の俳優・生田斗真(いくたとうま=27)が13日、来年2月公開の主演映画『脳男』の完成報告会見に出席。
過酷な役作りと撮影の裏話を明かした。

同作は、2000年の江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於氏による同名小説が原作。
感情を一切持たない美しい殺人鬼の謎を、脳神経外科医や刑事が解明していくバイオレンスミステリーだ。

生田が演じたのは、並外れた知能、肉体を持ちながら、感情や表情もなく、法で裁けぬ悪人を次々と殺していく"脳男"こと鈴木一郎。
この難役を演じるため半年前から武術の稽古を開始し、過酷な減量にも挑んだ。

役作りにのめり込むあまり、撮影1ヶ月前に引きこもりになったという生田は、
「食事もササミと野菜とかだしお酒も飲まないし、誰にも会いたくない気分に自然となっていった」
と苦笑い。
また、映画終盤に繰り広げられる江口洋介(えぐちようすけ=44)演じる刑事・茶屋との格闘シーンは、27時間休みなしで撮影されたとのことで、
「死ぬかと思いました。体と体のぶつかり合いで、愛情をぶつけあってました」
と振り返った。

過酷な役作りと撮影を乗り切った生田に、共演者も絶賛を惜しまず、ヒロインを演じた松雪泰子(まつゆきやすこ=39)は、
「得体の知れない生き物がいるようでした」
と生田の"怪演"を評価。
瀧本智行監督も、
「まばたきはやめてくれ、と指示を出したら、シャワーを浴びる時までまばたきをしていなかったらしいです」
とそのストイックさに敬服していた。

初のダークヒーローに体当たりで挑んだ生田は、
「命を懸けて魂を乗せました。日本の映画界にとっても、僕の俳優人生にとっても何か変わるきっかけになれば」
と力強くアピール。
「自分の口で言うのも恥ずかしいですが、間違いなくすごい映画だと思います」
と自信をのぞかせた。

映画『脳男』は来年2月9日より全国公開。(伊原)


関連ニュース
生田斗真、弟の離婚報道と裏腹に清野菜名と結婚へ!?
生田斗真の知られざる過去と苦労! 山下智久にライバル心剥き出しになる理由!?
岡田将生が生田斗真を出禁扱いのワケ! 歪んだ人柄を敵視する声多数!
生田斗真といきものがかり・吉岡聖恵が熱愛か!? 大物カップル誕生へ!?
ジャニーズ勢ほぼ独占! 女性が支持する男優ランキング発表! 1位に輝いたのは…
注目ワード
【人物】
生田斗真
【キーワード】
生田斗真 引きこもり 映画 脳男 江口洋介 俳優 生田 過酷 刑事 生田とうま 生田とおま 生田とーま いくたとうま
【ニュースカテゴリ】
ジャニーズ エンタメ
出産 破局 離婚 失言 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau