SMAP分裂が確信に変わった出来事とは!? 週刊文春記者が語る衝撃的瞬間!
(12/20)

2016年、数々の特大スクープを報じて、"文春砲"と揶揄され芸能人から恐れられてきた『週刊文春』。記者界の精鋭部隊である彼らは、今年最大のニュースとなったSMAPの解散に関しても、いち早く情報をキャッチしていたようだ。『日刊大衆』が伝えた。

「今年1月13日にスポーツ紙で一報が報じられたSMAP解散騒動ですが、僕らは昨年の6月頃から、"SMAPがジャニーズからの独立に向け動いている"という情報を入手し、水面下で取材をしてきました」
と語るのは、『週刊文春』記者の一人である鈴木竜太氏。"解散"が大きくメディアで報じられる半年前から既に動き出していた彼らは、昨年の『紅白歌合戦』前日リハにて衝撃の光景を目にすることになった。

「チーフ記者がNHKホールの喫煙所でタバコを吸っていると、香取慎吾と草なぎ剛が入ってきたんです。2人は、本当に仲が良さそうでしたよ。しばらくしたら、そこに木村拓哉が入ってきたんです。これまで大きな声で話していた草なぎは声のボリュームを落とし、ついには黙ってしまった。木村はずっとスマホを触ったまま。喫煙所は、その緊張した沈黙が3分間も続いたんです」(同)

香取慎吾らは、木村拓哉が入室してきた途端、視線をそらし、一切喋るどころか挨拶すらしなかった。同じSMAPメンバー同士で、この姿は明らかに異常。
木村拓哉は直後に行われた会見にて、「来年は何が起きるか分かりません」と、今思えば解散を予言する発言だったのだ。他社記者はあまり気に留めなかったが、喫煙所の一部始終を見ていた週刊文春記者は、これが解散を意味するのではと察知出来たのである。

さらに年明け早々、香取慎吾が深夜の西麻布で元チーフマネージャー・飯島三智と車内で密会を交わしている光景にも遭遇。おそらく、独立計画が頓挫してジャニーズ事務所に残留するよう促されていたのだと、同誌記者は語っている。

『週刊文春』が取材を続けてきた限り、解散は不可避。グループ結成から28年、どこでズレが生じてしまったのか。(船越)


関連ニュース
元SMAP3人主演映画「クソ野郎と美しき世界」が惨敗!? 厳しい客入り状況!
元SMAP3人の新事務所、ファンクラブ設立で早速5億円以上の売上!
元SMAPの3人がジャニーズ事務所退社で独立へ! 中居正広だけ残留!
SMAP慰労会に森且行参加! 木村拓哉ハブって5人で開催!
国分太一、SMAPへの複雑な心境漏らす! 「好きじゃない、でも超えられない」
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
SMAP
【キーワード】
SMAP 解散 分裂 週刊文春 紅白歌合戦 木村 喫煙 香取 独立 文春 慎吾 取材 情報 木村拓 紅白歌合戦視聴率
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau