ドラマ『ハガネの女』、原作者怒りの降板でDVD化に暗雲!?
(06/26)

テレビ朝日のドラマ『ハガネの女 シーズン2』の内容に異議があるとして、原作者で漫画家の深谷かほるさん(ふかやかほる=48)が24日までに、公式サイトで原作者の立場を降りると表明した。

ドラマは何事にもくじけない"ハガネの女"として、小学校教師がさまざまな困難に立ち向かうという学園物。主人公の芳賀稲子役を吉瀬美智子(きちせみちこ=36)が演じた。

前作が金曜午後11時15分の枠だったにもかかわらず高視聴率を記録したこともあり、今シリーズから木曜午後9時からのゴールデン帯に昇格した。

ところが16日放送された最終回の放送では深谷さんのクレジットが削除されていたのだ。

前作が原作に忠実に描かれていたのに対し、今シーズンがオリジナル脚本中心に制作されていたのが、今回の騒動の発端だったようだ。

深谷さんの公式サイト掲示板にも今シーズンの批判などが書き込まれ、深谷さんもそれに同意してドラマへの不満を露わにしていた。

なかでも問題視されたのが、4月28日放送の第2話。

発達障害の一つとされるアスペルガー症候群を患いトラブルを起こした男児がクラスに残るかどうかクラス投票で決めるシーンだ。

これに対して、深谷さんの公式サイト掲示板には、「いくらフィクションとはいえ酷すぎました」「障害があろうとなかろうと、人の存在を多数決で決めるなんて話、傲慢にもほどがあります」との意見が寄せられていた。

深谷さん自身も、2月に脚本を読んで驚き、多数決のシーンには反対したが、その意見はテレ朝側に採用されなかったと告白していた。

そんなこともあり、その後、深谷さんは自身のブログを通じて、
(1)原作者を降り、クレジットを削除する
(2)DVDを含むビデオグラム化、モバイル配信、インターネット配信についても反対する
ことを表明。

16日放送された最終回の放送で深谷氏のクレジットが削除されていたのも、そのせいだろう。

今回の騒動についてテレビ朝日広報部は「一部で深谷さんのご理解が得られず、残念に思っている」とコメントを出すにとどめている。

DVDを含む二次使用は、テレビ局にとっては大きな収入源になっていることを考えると、放映終了したとはいえ、この騒動はまだまだ長引きそうだ。(松野)


関連ニュース
鈴木砂羽が篠原涼子&吉瀬美智子と不仲に!? ドラマ共演で扱いの差にウンザリ!?
吉瀬美智子がバラエティーでマジ泣き! 「私おかしくなっちゃうんです」
吉瀬美智子は元ヤンキーだった!? 母親との確執、グレていた過去が発覚!
剛力彩芽のロングヘアに山崎賢人デレデレ、吉瀬美智子が第1子出産など芸能ミニNEWS2本!
吉瀬美智子が第1子妊娠、夏ごろに出産予定! 夫は年商20億円の実業家!
注目ワード
【人物】
吉瀬美智子
【キーワード】
ハガネの女 深谷かほる 吉瀬美智子 掲示板 深谷 ハガネ ドラマ 騒動 最終回 障害 放送
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau