菊川怜 「とくダネ!」視聴率低下でピンチ! フジ上層部がブチギレ!?
(08/05)

7月から『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)のメインアシスタントを務めている女優・菊川怜(きくかわれい=34)。
局アナ以外では初の大抜擢となるだけに期待も大きかったが、彼女の就任後、番組の視聴率が低下。
関係者からは早くも不満の声が漏れてきているという。
『週刊朝日』が報じている。

菊川といえば、東京大学工学部卒の才女で、『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)でメインキャスターを7年間務めた実績がある。
それゆえの大抜擢だったのだが、就任から約1ヶ月、その評判はというと…。

「それだけの期間やれば上達するはずですが、原稿読みも、仕切りも…。
所属事務所は、最近何かと菊川を推していますが、東大卒というブランド以外何もない。しかも『バンキシャ』を降板したのは、"よからぬ"人間関係があったから、という真偽不明のウワサがあったとも言われている」(芸能関係者:週刊朝日)

菊川にとってさらなる逆風となっているのが視聴率。
なんと、彼女の就任後、裏番組に負けることが多くなっているという。

「同じ時間帯では、日テレの『スッキリ!!』と『とくダネ!』が視聴率を競い、これまではフジが優勢でした。
週5回の放送で負け越しが続くなんてことはほぼなかったのですが、菊川に代わった翌週から、1勝4敗が2週続きました。
扱うニュースなどにもよるので一概にキャスターの責任にはできませんが、菊川が原因だという声がもっぱらです」(番組関係者:同)

"よからぬ"人間関係と低視聴率のWパンチに、局内からでは、
「『なんで高いギャラを払って、そんなケチがついたひとを』といぶかる人が多い。上層部の一部も菊川起用を聞いてキレた、と聞いています」(同)
とのこと。
しかし、そもそも菊川が数字を持っているとは思えない。
なぜフジテレビは、わざわざ局アナではなくタレントの起用に踏み切ったのだろうか。

「局内に適当な人材がいなかった。幸か不幸か、『めざましテレビ』のメーンだった大塚範一キャスターが昨年11月に白血病を患い、降板していた。
同じ制作局の『とくダネ!』は、その浮いたギャラで、フリーアナやタレントを使える余裕ができたのです」(フジテレビ関係者:同)

大塚キャスター降板に伴って浮いたギャラで起用されているとなれば、菊川の立場はますます悪くなるばかり。
一刻も早く視聴率という結果を残さなければ、ギャラの安い局アナに取って代わられる可能性もありそうだ。(伊原)


関連ニュース
菊川怜の夫・穐田誉輝に4人目の婚外子発覚! 認知もせず完全無視!
菊川怜の夫・穐田誉輝に内縁の妻2人&婚外子3人もいると判明! 一夫多妻制状態に!
菊川怜、7月から「とくダネ!」新キャスターに就任! 「違う自分を見せる
中野美奈子の後任は菊川怜の可能性高し!? 東大卒の知性キャスター経験生かす
オスカープロモーション"壮絶接待"セックス付き愛人契約!?
関連テレビニュース
注目ワード
【人物】
菊川怜
【キーワード】
菊川怜 とくダネ! 大塚範一 小倉智昭 フジテレビ 大塚範一アナ フジテレビ 大塚さん 大塚アナウンサー めざまし大塚さん めざまし大塚 大塚さん
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau