【訃報】歌手・西城秀樹が死去! 二度の脳梗塞、急性心不全・・・63歳の若さで!
(05/18)

『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』など数々のヒット曲を生み出した歌手の西城秀樹が、急性心不全により16日に死亡したことが分かった。63歳だった。

2003年と2011年、二度の脳梗塞を患い、リハビリに励みながらもステージに立ち続けていた西城秀樹。しかし、4月25日に突然自宅で倒れ、心肺停止状態で病院に搬送。懸命に治療を施したが、意識を取り戻すことはなく、16日11時53分、力尽きて天国へと旅立った。

1972年に歌手デビューを果たすと、たちまち人気に。野口五郎、郷ひろみと並んで"新御三家"と称され、1970年代から80年代のJ-POP界を牽引。
自身最大のヒット曲となった『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』は1979年に発売され、累計売上枚数は推定180万枚と言われている。多くの有名歌手によってカバーされ、2018年も女性ダンスボーカルユニット・E-girlsがカバー曲を発表。世代を超えて愛される名曲となった。

私生活では、2001年、46歳の時に18歳年下の妻・美紀さんと結婚。1女2男と授かった。3人の子供はいずれも年子。次男・悠天くんは西城秀樹が50歳の時に誕生した。
一度目の脳梗塞発症時は、僅か1ヶ月で復帰を果たしたものの、二度目の脳梗塞では後遺症として右半身麻痺と言語障害が残り、暫くの間杖をついて生活。それでもステージに立つと、病気を感じさせない歌声を披露していた。

彼の訃報に対し、郷ひろみは、「とても残念です。ボクの中で長男は五郎、次男は秀樹、末っ子がボクでした。秀樹が先に逝ってしまったこと とても悲しい気持ちでいっぱいです」とコメント。
野口五郎は、「あまりにも突然で今は言葉が見つかりません。気持ちの整理がつくまで少し時間をください」とコメントしている。(船越)


関連ニュース
西城秀樹の葬儀配布品がオークションで大量転売! カネ目当ての参列者に批判!
西城秀樹、2度目の脳梗塞で右半身まひの後遺症… 「死にたいと思った
西城秀樹脳梗塞再発で急きょ入院! 年内の仕事は全てキャンセル
西城秀樹がメディア露出急増。シカャリキになって稼ぐ理由
注目ワード
【人物】
西城秀樹
【キーワード】
西城秀樹 死亡 病気 脳梗塞 歌手 野口五郎 年代 気持
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau