能年玲奈が「のん」に改名! 元所属事務所からの圧力で本名使えない!?
(07/14)

女優・能年玲奈が"のん"と改名して再出発を図ることが『FRIDAY』の本人直撃インタビューによって判明した。

同誌の中で彼女は、「能年……ではなく"のん"になりました。ちょっとトボけた感じですが、ひらがなで"のん"です。元気に・・・元気に生きてます!」と説明。
6月末をもってレプロエンタテインメントとの契約が切れた。独立騒動による、事実上クビとなった形であり、今後の動向が注目されていた。

「再出発にあたり、元気で楽天家な母親が上京して挨拶回りをしてくれたという。休養中にはクラシックバレエや洋服作り、モノマネや作曲に没頭していた」(引用:FRIDAY)

"のん"という、なんとも馴染めない名前に改名した背景には、レプロエンタテインメントからの圧力により本名の使用制限があると考えて良いだろう。ただし、能年玲奈の場合、元々本名で活動していたので、それが使えないのはかなり辛いところ。「インターネットで検索しにくい」との声もある。

"あまちゃん"から"のんちゃん"になった彼女は、再び芸能界で輝くことが出来るか。(柳井)


関連ニュース
能年玲奈ことのんが大復活! テレビ界から無視されてもCM10本で年収1億円!?
能年玲奈改めのん、女優諦め美術大学に入学!? アーティスト方面に手応え!
事務所辞めたタレントが干される本当の理由とは!? 何故起用されなくなる?
能年玲奈騒動の先駆け、同事務所先輩・こずえ鈴が芸能界のブラックさを暴露!
能年玲奈の母親に上沼恵美子が説教! 「専門家に任せて手を引くべき」
注目ワード
【人物】
能年玲奈
【キーワード】
能年玲奈 のん 芸名 本名 レプロエンタテインメント 彼女 改名 レプロ FRIDAY エンタ
【ニュースカテゴリ】
エンタメ
出産 破局 離婚 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau